蟹の旬

蟹の旬

蟹の旬がいよいよですね。

 

私が毎年心待ちにしている季節です。

 

旬の蟹を食べ尽くすため、休暇をとってはるばる北海道を訪れるのが、ここ数年の習慣になっているのです。
北海道は蟹のメッカ。

 

 

 

中でもお気に入りのお店は、昔からの知り合いのお店でもある、道南は函館の蟹専門店です。
地元の人にも人気のお店です。

 

蟹の刺身、焼き蟹、茹で蟹、蟹しゃぶなど、美味しい蟹料理が、これでもかとばかりに出てきます。今年も既に予約を入れており、今から心待ちにしています。

 

 

 

蟹通販にもデメリットがあります。

 

それは何かというと、蟹をじかに見て選ぶことができないことが真っ先に挙げられます。
実際に店に行く場合は、じかに蟹の品質を確かめることができますし、試食して選ぶこともできます。

 

 

 

茹でるときの塩加減なども個人の好みがあるので、自分や家族にとって一番美味しいお店を探す人もいます。

 

 

 

ですが、蟹通販でそれは難しいですよね。
蟹通販が便利でお得だといっても、万能ではなく、このような欠点もあるので、一概に実店舗より良いとは言えません。
ご馳走の代名詞といえば蟹。
しかし、蟹には産地や品種など様々なブランドがあるので、初めて蟹通販を利用してみたいという方は、ぜひ色々な蟹を食べ比べてみることをお勧めします。
私の一番のお勧めとしては、ズワイ蟹、これに尽きるでしょう。
ズワイ蟹の魅力といえば、身に詰まった強い甘み。そしてまた蟹ミソも濃厚な味で絶品です。
他の蟹と比べると甲羅のサイズは小さく、表面がツルツルしているのが外見上の特徴として挙げられます。

 

蟹の種類の一つである渡り蟹。

 

日本中に広く分布する蟹で、正式名称はガザミといわれ、かつては東京湾でも獲れたそうです。
現在では有明海や瀬戸内海などで水揚げされますが、最近では日本産は減り、高級品となっています。六角形の横長の甲羅を持つ、比較的大きなサイズの蟹であり、肉や蟹ミソ、卵巣など蟹の醍醐味を全て味わえることから、古くから愛され、かつては食用の蟹といえば渡り蟹を指していたほどでした。様々な食べ方が楽しめる渡り蟹。

 

中でも茹で蟹や蒸し蟹にして食べるのが基本的な楽しみ方です。

 

 

 

また、味噌汁からパスタの具材、韓国料理に至るまで、使い道は多岐にわたります。一口に蟹と言っても、様々な種類がありますよね。

 

それぞれへの好き嫌いは、個人ごとに分かれますから、WEB上の通販サイトなどで蟹を選ぶ際には、種類ごとの違いを意識して商品を選ぶことが必要だといえます。

 

 

 

ポピュラーな蟹の種類というと、誰もがタラバガニやズワイガニなどを思い浮かべることでしょう。
蟹を選ぶ際には、大きさや新鮮さに注目する人が多いようです。
かにのおいしい時期、かにを食べたくなったときは北海道など、かにの産地から直接買える通販のサイトを利用してはいかがでしょうか。冷凍のかになら、一年中どこでも販売されていますが、インターネットなら、産地直送のおいしいかにも手軽に購入できます。

 

産地ならではのお買い得のかにが結構見つかります。

 

おいしいかにを食べたい方、たくさん買いたい方は、比較サイト経由などで、通販を使ってみるのがお財布もお腹も満足できます。